家を借りる時の契約内容で不利な項目があればそれは無効になる

契約書の書面は、専門用語や法的用語であふれています。

借り手は不動産業界の人間ではありませんので、うっかりしていると甲や乙が主人公の世界にまどわされ、不利な契約書に捺印してしまうことも十分考えられます。

そもそも契約内容は、大家さんに有利なように書かれているものです。

しかし、心配することはありません。専門用語や法的用語とは言っても、訳してみればしょせん、日本語です。たとえあなたに不利な契約があったとしても大丈夫。法律がしっかりあなたを保護してくれています。
おそれることなく、むずかしく考えることなく、堂々と契約に立ち向かいましょう。

契約書の書面は、専門用語や法的用語であふれています。

借り手は不動産業界の人間ではありませんので、うっかりしていると甲や乙が主人公の世界にまどわされ、不利な契約書に捺印してしまうことも十分考えられます。

そもそも契約内容は、大家さんに有利なように書かれているものです。

しかし、心配することはありません。専門用語や法的用語とは言っても、訳してみればしょせん、日本語です。たとえあなたに不利な契約があったとしても大丈夫。法律がしっかりあなたを保護してくれています。

おそれることなく、むずかしく考えることなく、堂々と契約に立ち向かいましょう。

なかにはクリーニング代金は借り手が負担するというあまりにも大家さんに都合がいい条項が組み込まれていることもあります(クリーニング代は原則大家さんが負担するもの)。

また、借り手に追加負担を押しつけるための特約(特約事項)という項目を設けている場合もあります。たとえば、「鍵の交換費用は借り手負担になる」などの内容がこの中に組み込まれていることがあります。

そんなときに覚えておいてもらいたいのが、借地借家法の「借家人にとって不利な契約内容はすべて無効となる」という一文です。

つまり、契約時には不利な条項に気づかずに契約してしまっても、この一文が守ってくれるようになっているわけです。これがあなたの「盾」です。

ただしこの一文は、「あまりにも大家さんに都合がよく、常識的に考えて借り手が不利になる場合」にのみ使える盾です。

ちなみに、特約が有効となるか、「借家人にとって不利」と判断されて無効になるかはケース・バイ・ケースです。大家さんと借家人の双方で納得ができなければ、話し合い、調停、訴訟などで解決していくことになるわけですが、いかなる場合においてもお互いが対等な立場でければなりません。そのために存在するのが借地借家法というわけです。

たとえば、過去に予想以上の敷金を取られ、泣き寝入りしたことはありませんか?消費者が泣きをみる時代はもう終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です