大家さんには借家人を選ぶ権利がある

大家さんには、賃料収入を得るという目的があります。そこであなたが用意しなければならないのが、連帯保証人です。連帯保証人がいなければ契約はできません。これは慣例です。連帯保証人とは、借り手の過失による卜|フブルを賠償する人で、たとえば賃料の滞納や、借
り手過失の火事などの損害を保証します。一般的には、借り手の肉親が連帯保証人となりますが、「保証」するわけですから定職についているか定収入が見込めなければなりません。

肉親がいない人や、親が定年していて収入力がない場合は、友人。友人に頼めない場合は、保証会社に頼みます。なんにせよ、あなたを保証してくれる人が必要となるわけです。

ちなみに、もしあなたが賃料を滞納したり、事故やトラブルを起こしたりすれば、必ず連帯保証人に連絡がいくことになります。あなたの行動ひとつで連帯保証人に迷惑がかかるかもしないということを念頭に置いておきましょう。

大家さんには、借り手を選ぶ権利もあります。借り手の支払い能力、連帯保証人の支払い能を判断し、より安全で確実に収入が得られる借り手を選ぶことができるわけです。これを審査といいます。

とはいっても、借金の審査のように不動産屋さんの連絡会があるわけではありません。また、借り手のプライバシーに関わることを調べるわけでもありません。

あなたの勤務先に電話して本当に在籍しているかを確認したり、連帯保証人に電話して「連帯保証人になりましたよね?」と確認したりなど、その程度です。

ちなみに、申込書やその他の契約書類に嘘が見つかった場合には、審査は通りません。また、連帯保証人の支払い能力に不安がある場合、連帯保証人が拒否した場合も、審査は通りません。

大家さん側にも「貸したいタイプ」というのもあります。これも「借り手を選ぶ権利」のひとつです。

大家さんが部屋を貸したいタイプは、なにかあった際にしっかりした会社に勤めている、親が責任を取ってくれる「学生」、有名企業に勤める「会社員」、きれいに使ってくれる「新婚夫婦」「女性」などです。

ただ、よほどの人気物件で借り手候補が殺到するような場合をのぞけば、これについてはあまり気にする必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です