住む権利は保障されてるがペットを大家にバレたら賠償金の請求がある

契約時には、借地借家法が守ってくれます。では、居住時にはどうでしょうか。

契約書を交わすと、借り手には「物件に住むことができる」という権利が発生します。ただし契約書には、「甲(家主)が乙(借り手)に催告なく契約を解除できる」場合についても記されています。つまり、契約期間満了を待たずして「出ていけ」といわれることもあるということです。

ここで覚えておきたいのが、借地借家法第兇条の「借り手は強制的に退室を命ぜられることはなどという一文です。

たとえば、水もれ事故などを起こしたり、ポャを出したりしたとしましょう。

損害を与えた相手には賠償する必要があるでしょう。しかしだからと言って出て行かされることはありません。騒音で隣人からのクレームがついた場合でも、単身用のマンションにふたりで住むようになったとしても、あなたの住む権利はよっぽどのことがない限り守られます。

一方的に解除されることはないわけです。

しかし、「借り手は強制的に退室を命ぜられることはなどという一文は、あくまで大家さんと借り手の立場は対等であるということなので、あなたの権利がすべてにおいて強いわけではありません。賃料の長期に渡る滞納があったり、住む目的で借りたのに風俗店を営業したりした場合は例外です。

また、無断でペットを飼ったり、禁止されている石油ストーブを使用したりなどの問題を起こした場合は、退室こそさせられないものの、何らかの被害が生じたときは、のちのちその損害を賠償する責任は生じるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です