引越しの業者選びで見積もりを依頼する際の注意点とは?

引越しの際に荷造りと同時に行うべきことは引っ越し業者を選ぶことです。では、どうすれば少しでも安く引越しを行うことができるのでしょうか。見積もりを依頼するときにはどのような点に注意するべきなのでしょうか。今日はこうした点を記します。

まず業者に見積もりを依頼するときにどのような点に注意するべきなのでしょうか。最初に注意するべきポイントは必ず複数の業者に依頼するということです。なぜ複数の業者に依頼するべきなのでしょうか。それは引越し料金というのは業者によってかなり差が出るからです。というのは、その日のトラックの状況などは各業者によって違いますので、複数の業者から価格を聞いておくことによって一番安く手ごろな業者を見つけ出すことができます。

次に注意するべきことは何でしょうか。それは依頼するタイミングです。当たり前ですが、ギリギリになってから依頼するとすでにトラックが空いてなかったりするため、料金が割高になってしまいがちです。それで、できるだけ早めに依頼するようにしましょう。早ければ早いほど自分の希望に合ったトラック、一番コスパの良いトラックや人員で引っ越しを行うことができます。つまり、それだけ引越し料金も安く抑えることができるのです。

次に注意するべきことは、焦って契約しないということです。業者によっては営業マンがその場で契約しないとトラックがすぐに埋まってしまうなどと契約をせかしてくる場合があります。しかし、焦って契約すると結局はもっと安くて良い業者があとから見つかったりするものです。それで、焦って契約しないようにしましょう。1日か2日ほど、ゆっくりと時間をとってどこの業者が一番安く、サービスが良いかを比較検討するようにしましょう。

このように引っ越し業者を選ぶ際にはいくつかこちらで注意するべきことがあります。ぜひ、上記の件を参考にしてこれから業者選びを行ってください。引っ越し業者は引っ越しの良し悪しを決めるものです。慎重に決めましょう。
引越し業者の選び方の参考サイト

大家さんには借家人を選ぶ権利がある

大家さんには、賃料収入を得るという目的があります。そこであなたが用意しなければならないのが、連帯保証人です。連帯保証人がいなければ契約はできません。これは慣例です。連帯保証人とは、借り手の過失による卜|フブルを賠償する人で、たとえば賃料の滞納や、借
り手過失の火事などの損害を保証します。一般的には、借り手の肉親が連帯保証人となりますが、「保証」するわけですから定職についているか定収入が見込めなければなりません。

肉親がいない人や、親が定年していて収入力がない場合は、友人。友人に頼めない場合は、保証会社に頼みます。なんにせよ、あなたを保証してくれる人が必要となるわけです。

ちなみに、もしあなたが賃料を滞納したり、事故やトラブルを起こしたりすれば、必ず連帯保証人に連絡がいくことになります。あなたの行動ひとつで連帯保証人に迷惑がかかるかもしないということを念頭に置いておきましょう。

大家さんには、借り手を選ぶ権利もあります。借り手の支払い能力、連帯保証人の支払い能を判断し、より安全で確実に収入が得られる借り手を選ぶことができるわけです。これを審査といいます。

とはいっても、借金の審査のように不動産屋さんの連絡会があるわけではありません。また、借り手のプライバシーに関わることを調べるわけでもありません。

あなたの勤務先に電話して本当に在籍しているかを確認したり、連帯保証人に電話して「連帯保証人になりましたよね?」と確認したりなど、その程度です。

ちなみに、申込書やその他の契約書類に嘘が見つかった場合には、審査は通りません。また、連帯保証人の支払い能力に不安がある場合、連帯保証人が拒否した場合も、審査は通りません。

大家さん側にも「貸したいタイプ」というのもあります。これも「借り手を選ぶ権利」のひとつです。

大家さんが部屋を貸したいタイプは、なにかあった際にしっかりした会社に勤めている、親が責任を取ってくれる「学生」、有名企業に勤める「会社員」、きれいに使ってくれる「新婚夫婦」「女性」などです。

ただ、よほどの人気物件で借り手候補が殺到するような場合をのぞけば、これについてはあまり気にする必要はないでしょう。

住む権利は保障されてるがペットを大家にバレたら賠償金の請求がある

契約時には、借地借家法が守ってくれます。では、居住時にはどうでしょうか。

契約書を交わすと、借り手には「物件に住むことができる」という権利が発生します。ただし契約書には、「甲(家主)が乙(借り手)に催告なく契約を解除できる」場合についても記されています。つまり、契約期間満了を待たずして「出ていけ」といわれることもあるということです。

ここで覚えておきたいのが、借地借家法第兇条の「借り手は強制的に退室を命ぜられることはなどという一文です。

たとえば、水もれ事故などを起こしたり、ポャを出したりしたとしましょう。

損害を与えた相手には賠償する必要があるでしょう。しかしだからと言って出て行かされることはありません。騒音で隣人からのクレームがついた場合でも、単身用のマンションにふたりで住むようになったとしても、あなたの住む権利はよっぽどのことがない限り守られます。

一方的に解除されることはないわけです。

しかし、「借り手は強制的に退室を命ぜられることはなどという一文は、あくまで大家さんと借り手の立場は対等であるということなので、あなたの権利がすべてにおいて強いわけではありません。賃料の長期に渡る滞納があったり、住む目的で借りたのに風俗店を営業したりした場合は例外です。

また、無断でペットを飼ったり、禁止されている石油ストーブを使用したりなどの問題を起こした場合は、退室こそさせられないものの、何らかの被害が生じたときは、のちのちその損害を賠償する責任は生じるでしょう。

家を借りる時の契約内容で不利な項目があればそれは無効になる

契約書の書面は、専門用語や法的用語であふれています。

借り手は不動産業界の人間ではありませんので、うっかりしていると甲や乙が主人公の世界にまどわされ、不利な契約書に捺印してしまうことも十分考えられます。

そもそも契約内容は、大家さんに有利なように書かれているものです。

しかし、心配することはありません。専門用語や法的用語とは言っても、訳してみればしょせん、日本語です。たとえあなたに不利な契約があったとしても大丈夫。法律がしっかりあなたを保護してくれています。
おそれることなく、むずかしく考えることなく、堂々と契約に立ち向かいましょう。

契約書の書面は、専門用語や法的用語であふれています。

借り手は不動産業界の人間ではありませんので、うっかりしていると甲や乙が主人公の世界にまどわされ、不利な契約書に捺印してしまうことも十分考えられます。

そもそも契約内容は、大家さんに有利なように書かれているものです。

しかし、心配することはありません。専門用語や法的用語とは言っても、訳してみればしょせん、日本語です。たとえあなたに不利な契約があったとしても大丈夫。法律がしっかりあなたを保護してくれています。

おそれることなく、むずかしく考えることなく、堂々と契約に立ち向かいましょう。

なかにはクリーニング代金は借り手が負担するというあまりにも大家さんに都合がいい条項が組み込まれていることもあります(クリーニング代は原則大家さんが負担するもの)。

また、借り手に追加負担を押しつけるための特約(特約事項)という項目を設けている場合もあります。たとえば、「鍵の交換費用は借り手負担になる」などの内容がこの中に組み込まれていることがあります。

そんなときに覚えておいてもらいたいのが、借地借家法の「借家人にとって不利な契約内容はすべて無効となる」という一文です。

つまり、契約時には不利な条項に気づかずに契約してしまっても、この一文が守ってくれるようになっているわけです。これがあなたの「盾」です。

ただしこの一文は、「あまりにも大家さんに都合がよく、常識的に考えて借り手が不利になる場合」にのみ使える盾です。

ちなみに、特約が有効となるか、「借家人にとって不利」と判断されて無効になるかはケース・バイ・ケースです。大家さんと借家人の双方で納得ができなければ、話し合い、調停、訴訟などで解決していくことになるわけですが、いかなる場合においてもお互いが対等な立場でければなりません。そのために存在するのが借地借家法というわけです。

たとえば、過去に予想以上の敷金を取られ、泣き寝入りしたことはありませんか?消費者が泣きをみる時代はもう終わりました。